下味冷凍した食材が解凍不要でおいしく焼き上がる「冷凍から焼き物」調理等、 冷凍・レトルト食材を使った省手間メニューを充実した過熱水蒸気オーブンレンジ発売

2022年04月12日

東芝ライフスタイル株式会社

東芝ライフスタイル株式会社は、業界最高注1オーブン温度350℃注2の過熱水蒸気オーブンレンジ「石窯ドーム」の新製品として、オーブンの高火力によって、下味冷凍した食材を解凍不要でおいしく焼き上げる「冷凍から焼き物」調理や、冷凍・レトルト食品等を活用した簡単・手軽な新調理メニューを搭載した、ER-XD7000等、全4機種を6月上旬より順次発売します。ER-XD5000/3000では、本体扉横に配置した表示・操作パネルやノイズレスな外観等、デザインも一新させました。

新製品の概要

ランク形名本体色価格発売日月産台数
フラッグシップER-XD7000(K)グランブラック (W)グランホワイトオープン6月上旬4千台
フラッグシップER-XD5000(K)グランブラックオープン6月上旬2千台
高級ER-XD3000(K)グランブラック (W)グランホワイトオープン7月上旬10千台
高級ER-XD100(W)グランホワイトオープン7月上旬4千台

自宅で食事をする機会が増えている昨今、「ストックできる食材を選ぶ機会が増えた」と回答した人の割合が49%となっており、調理の省手間、時短を求めている結果となっています※1。また、当社調べでは、オーブンレンジ購入前に検討していた使い方として、「解凍」に関わる回答が多くあり、「冷凍したご飯の解凍・あたため」「市販の冷凍食品の加熱」「冷凍した食材の解凍」「冷凍した料理の解凍・あたため」が上位となっていました※2

新製品では、下味冷凍した肉や魚を凍ったまま並べるだけで、おいしく焼き上げる「冷凍から焼き物」調理を新搭載。オーブンの高火力によって、解凍の手間を省き、表面の余分な水分を飛ばしながら、パリッと焼き上げます。また、冷凍・レトルト食品等のストック食材を活用した、簡単で手軽な「簡単調理」と「冷凍野菜メニュー」も追加しました。
さらに、ER-XD5000、ER-XD3000では、本体デザインを一新、本体扉横に表示・操作パネルを配置させました。操作性の向上と共に、使用時にのみ表示パネルの文字が発光、使用しない時はブラックアウトします。様々な空間とも調和するシンプルでノイズレスな外観等、細部にまでこだわりました。
 

※1: 株式会社クロス・マーケティング調べ 「2022年1月新型コロナウイルス生活影響度調査 (食生活編)」調査方法:インターネットリサーチ 男女/年齢:20~69歳  N=2,500。
※2: 当社調べ オーブンレンジ購入者へのアンケート調査 2020年6月~2021年3月実施 N=852。

新製品の新たな特長 

1. 下味冷凍した肉や魚を凍ったまま並べるだけで、おいしく焼き上げる「冷凍から焼き物」調理 ER-XD7000,ER-XD5000,ER-XD3000

2. 冷凍・レトルト食品等のストック食材を活用した、簡単・手軽な「簡単調理」「冷凍野菜メニュー」新搭載 ER-XD7000,ER-XD5000,ER-XD3000,ER-XD100

3. 本体扉横に配置した表示・操作パネルやマット調でシンプルな外観等、細部にまでこだわったデザインに一新 ER-XD5000,ER-XD3000

 

新製品の主な特長 ※画像は全てイメージ

1. 下味冷凍した肉や魚を凍ったまま並べるだけで、おいしく焼き上げる「冷凍から焼き物」調理ER-XD7000,ER-XD5000,ER-XD3000

下味冷凍した食材を解凍せず、凍ったまま並べてスタートするだけで調理できる「冷凍から焼き物」調理を新搭載しました。 肉と魚のベーシックな6レシピを用意し、メニューに応じて最適な高火力オーブンで焼き上げることで、表面は水分を適度に飛ばしパリッと、内側は旨みをしっかり閉じ込めジューシーに仕上がります。下味冷凍食材を事前に準備しておけば、忙しい日も解凍の手間を省くことができ、手軽においしい料理が楽しめます。

 

2.冷凍食品・レトルト食品等のストック食材を活用した、簡単・手軽に調理可能な「簡単調理」「冷凍野菜メニュー」ER-XD7000,ER-XD5000,ER-XD3000,ER-XD100

冷凍やレトルト食品等のストック食材を活用して、簡単・手軽に毎日の献立に一品を追加できる、「簡単調理」「冷凍野菜メニュー」を新搭載しました。
 

1)簡単調理

市販の冷凍食品やレトルト食品等を活用した、「簡単調理」6レシピを新搭載。自宅にあるストック食材で手軽に調理でき、下ごしらえの手間が省けます。例えば、市販のパスタソース、冷凍揚げなす、鶏もも肉の3食材を耐熱容器に入れ、オーブンで加熱するだけで、「パスタソースでつくる鶏のオーブン焼き」が完成します。

2)冷凍野菜メニュー

かぼちゃやさといも等、市販の冷凍野菜を活用した「冷凍野菜メニュー」7レシピを搭載しました。レンジ加熱によって、野菜の中までしっかり加熱するので、煮崩れも防げます。

 

 

3.本体扉横に配置した表示・操作パネルやマット調の外観等、細部にまでこだわったデザインに一新ER-XD5000,ER-XD3000

本体扉横に配置した表示・操作パネルやマット調の外観等、細部にまでこだわった本体デザインに一新しました。
表示・操作パネルは、使用時のみ文字が光って、使用しないときはブラックアウトする仕様となっており、インテリアの邪魔をしないノイズレスデザインを採用。無駄を省いたシンプルな外観で、キッチンとも調和します。また、文字が点灯・点滅し、操作手順をお知らせするアシスト機能も搭載し、使い勝手も向上させました。

 

4.「石窯おまかせ焼き」の搭載コースを拡充ER-XD5000,ER-XD3000

メインとなる食材を鶏、豚、牛、野菜、魚から選んで、自宅にある材料と一緒に並べるだけで、火加減を自動調節して焼き上げる「石窯おまかせ焼き」の各機種搭載コースを拡充させました。
ER-XD5000には、ふっくらやわらかく仕上がる「魚」コースと当社独自の深皿(深さ5cm)を活用した煮込み料理が作れる「深皿煮込み」コース、ER-XD3000には、「魚」コースを新たに追加しました。

* 2022年3月1日現在、国内家庭用100Vオーブンレンジ総庫内容量30L以上において。N=52

 

新製品の機能比較

 機能ER-XD7000ER-XD5000ER-XD3000ER-XD100
石窯
おまかせ焼き
肉,野菜
○(New)○(New)
深皿煮込み○(New)
冷凍から焼き物(6レシピ)自動(New)手動(New)手動(New)
冷凍野菜メニュー(7レシピ)○(New)○(New)○(New)○(New)
簡単調理 1段○(New)
6レシピ
○(New)
6レシピ
○(New)
7レシピ
○(New)
7レシピ

新製品の仕様一覧

形名ER-XD7000ER-XD5000ER-XD3000ER-XD100
本体色(K) グランブラック
(W) グランホワイト
(K) グランブラック(K) グランブラック
(W) グランホワイト
(W) グランホワイト
レンジ高周波出力1,000W注3 /600W・500W/200W・100W相当1,000W注4
/600W・500W
/200W・100W相当
センサーねらって赤外線センサー
(1,024ポイント赤外線センサー/温度センサー)
8つ目赤外線センサー
温度センサー
オーブン加熱方式熱風循環加熱(2段調理可能)上下ヒーター加熱
消費電力1,430W1,350W
温度設定範囲100~300・350℃注2
発酵(30,35,40,45℃)
スチーム発酵(30,35,40,45℃)
100~250・300℃注5
発酵(30,35,40,45℃)
スチーム発酵40℃
100~250℃注6
発酵(30,35,40,45℃)
過熱水蒸気100~250℃,300℃注2100~250℃注5100~250℃注6
ハイブリッド100~250℃,300℃注2オートのみオートのみ
自動メニュー数注7490124108104
総レシピ数注8510333198179
外形寸法(mm)
本体奥行にハンドルは含みません
幅498×奥行399×高さ396幅500×奥行416
×高さ388
区分注9FE
省エネ達成率102%100%104%
年間消費電力量72.0kWh/年73.5kWh/年76.3kWh/年
  • 注12022年3月1日現在、国内家庭用100Vオーブンレンジにおいて。
  • 注2350℃での運転時間は約5分です。その後は、自動的に230℃に切り換わります。温度を260℃以上に設定したときも、自動的に230℃に切り換わります。過熱水蒸気・ハイブリッドで設定できる温度は300℃までです。また設定温度が350℃のとき予熱温度は300℃になります。
  • 注3高周波出力1000Wは、最大5分であり、その後は自動的に600Wへ切り換わります。定格連続高周波出力は600Wです。
  • 注4高周波出力1000Wは、最大3分であり、その後は自動的に600Wへ切り換わります。定格連続高周波出力は600Wです。
  • 注5300℃での運転時間は約5分です。その後は自動的に230℃に切り換わります。温度を240℃以上に設定したときも自動的に230℃に切り換わります。また、設定温度が300℃のときは予熱温度は270℃になります。
  • 注6250℃での運転時間は約5分です。その後は自動的に200℃に切り換わります。温度を210℃以上に設定したときも自動的に200℃に切り換わります。また、設定温度が210℃以上のときは予熱温度は200℃になります。
  • 注7アレンジレシピ、バリエーションレシピ、ケーキ型サイズ、トッピングを含みます。
  • 注8取扱説明書および料理集の自動調理可能なメニュー数(自動あたためを含み、お手入れを除く)。
  • 注9年間消費電力量は、省エネ法・特定機器「電子レンジ」測定方法による数値です(区分名も同法に基づいています)。E:オーブンレンジ(ヒーターの露出があるもの以外で、30L以上のもの)、F:オーブンレンジ(熱風循環加熱方式のもの)。
  •  

* 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

Acrobat Readerをダウンロード

このニュースをSNSにシェアする

タイセツを、カタチに。
東芝ライフスタイル Official SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube