New

使いやすい機能が充実、出し入れしやすいコンパクトタイプ

SCシリーズ

GR-V36SC

  • 定格内容積:356L
  • 本体幅:600mm
  • 3ドア
  • 奥行:665mm
  • 高さ:1,757mm
*奥行はハンドル・調節脚を除く

おすすめ機能

出し入れラクな冷蔵室

最上段でも使いやすい。
最上段の棚を手が届きやすい高さに設定。
最下段は、鍋やケーキの箱がそのまま入る高さを確保。
食品の出し入れがラクにできる冷蔵室です。

画像はGR-V36SV(UC)グレインアイボリーを使用しております。

3段冷凍室

整理がしやすく、取り出しやすい。
食品が積み重なりがちな冷凍室が3段のケースになっているので、小さな食品もスッキリ収納できます。
上段には氷や生鮮食品、薄めの中段にはホームフリージングする食品や使いかけの冷凍食品、深さのある下段には500mlの冷凍用ペットボトルや冷凍食品を縦に収納可能です。

3段冷凍室

うるおいラップ野菜室

ちょうどよい湿度に、野菜がよろこぶ。
野菜室の密閉性を高め、容器の周りから間接的に冷却。乾燥を防ぐことで、鮮度とおいしさを守ります。
まんなかにあるので、野菜の出し入れがラク。
底にたまりがちな野菜くずや泥汚れは、おそうじ口からサッとはき出せます。

うるおいラップ野菜室
  • 選べる節電モード

    季節やご家庭に合わせて、お好みの節電モードを設定いただけます。

  • スタイリッシュなデザイン

    キッチンの主役は、美しいほうがいい。
    冷蔵室の扉には大型ハンドルがついているので、直感的に開けやすい。水平垂直なマニッシュなデザインです。

  • 仕切れるチューブスタンド

    可動式のチューブスタンド。ドアポケットに設置して、散らばりがちなチューブ類をすっきり収納できます。本体を回転させて、小瓶などの仕切りとしても使用可能です。

    *画像はGR-U600FKを使用しております。

  • ※1通常運転と「自動節電機能」設定時との比較。当社試験環境室において、以下の当社試験条件にて測定した値。条件:ビルトイン設置状態のGR-V600FZSにおいて。周囲温度32℃時。通常運転:冷蔵室「中」・冷凍室「中」設定。扉開閉なし。製氷運転あり。「自動節電機能」:「自動節電機能」設定。1.1kWh→1.0kWh。使用環境・機種により測定値は異なります。「自動節電機能」の効果測定条件はJIS C 9801-3:2015年測定基準とは異なります。 
  • ※2通常運転と「自動節電機能」おでかけモードとの比較。当社試験環境室において、以下の当社試験条件にて測定した値。条件:ビルトイン設置状態のGR-V600FZSに おいて。周囲温度32℃時。通常運転:冷蔵室「中」・冷凍室「中」設定。扉開閉なし。製氷運転あり。「自動節電機能」おでかけモード:「自動節電機能」設定後、24時間扉開閉がないと自動で切替。1.1kWh→ 0.9kWh。使用環境・機種により測定値は異なります。おでかけモードの効果測定条件はJIS C 9801-3:2015年測定基準とは異なります。
  •   
  • ※3通常運転と「とってもエコ」設定時との比較。当社環境試験室に おいて、以下の当社条件にて測定した値。条件:ビルトイン設置状態のGR-V36SVにおいて、周囲温度約25℃時。冷蔵室「中」・冷凍室「中」設定。製氷運転なし。扉開閉なし。通常運転:0.73kWh→ 「とってもエコ」設定時:0.54kWh。「とってもエコ」設定時は製氷を使用できません。使用環境・機種などにより測定値は異なります。また、JIS C 9801-3:2015測定基準とは異なります。

関連商品

New
SCシリーズ
GR-V33SC
  • 定格内容積:326L
  • 幅:600mm

商品サポート

タイセツを、カタチに。
東芝ライフスタイル Official SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube