比較表

3商品まで比較できます。

(TH)フロストグレージュ
(TW)フロストホワイト
(TH)フロストグレージュ
(TW)フロストホワイト
片開きタイプ(右開き/左開き)
片開きタイプ(右開き/左開き)
新鮮ツイン冷却システム
(うるおい冷却器+パワフル冷却器)
機能あり
機能あり
自動節電機能
機能あり
機能あり
ecoモード
機能あり
機能あり
タッチオープン
機能あり
機能あり
照明(LED)
ワイドシーリングブライト照明
ワイドシーリングブライト照明
ドアポケット
フリードアポケット
フリードアポケット
氷結晶チルドモード
機能あり
機能あり
速鮮チルドモード/ 解凍モード
機能あり
機能あり
段数
1段式
1段式
野菜室がまんなか
機能あり
機能あり
ミストチャージユニット
機能あり
機能あり
おそうじ口
機能あり
機能あり
切り替え冷凍
機能あり
機能あり
冷凍方式
オートパワフル冷凍
(可変プレクール)
オートパワフル冷凍
(可変プレクール)
3段冷凍室
機能あり
機能あり
かってに氷
機能あり
機能あり
UV-LED
(野菜室・チルドルーム)
機能あり
機能あり
庫内除菌(冷蔵室・野菜室)
Ag+マルチバイオ脱臭
(除菌※10・脱臭※11
Ag+マルチバイオ脱臭
(除菌※10・脱臭※11
抗菌ハンドル※7
機能なし
機能なし
279
(kWh/年)
※9
261
(kWh/年)
※9

最小必要設置スペース(単位:mm)
緑部分は最小設置スペースで年間消費電力量の測定条件とは異なります。

設置条件により若干異なる場合がありますので、10mm程度余裕をとってください。

最小必要設置スペース(単位:mm)
緑部分は最小設置スペースで年間消費電力量の測定条件とは異なります。

設置条件により若干異なる場合がありますので、10mm程度余裕をとってください。

  • ※1【試験依頼先】(一財)北里環境科学センター、【試験方法】410L試験ボックス内に菌を噴霧。Ag+セラミック光触媒ユニット運転後の浮遊菌数の変化を測定、【試験結果】60分で99%以上の除菌効果を確認、試験結果は実使用空間の実証結果ではありません。【報告書番号】北生発2018-1421号。
  • ※2冷蔵室冷気ダクト内に設置したAg+セラミック光触媒により脱臭。【試験方法】Ag+セラミック光触媒あり/なしの冷蔵庫内にアンモニアを注入し、一定時間毎に検知管で濃度を測定。周囲温度20℃、扉開閉なしの場合。【対象場所】冷蔵室・野菜室、【試験結果】30分でアンモニア濃度1/10以下の脱臭効果を確認。当社試験結果による。試験結果は、実使用空間の実証結果ではありません。また全てのニオイがとれるわけではありません。
  • ※3【試験依頼先】(一財)ボーケン品質評価機構、【試験方法】JIS L 1902 定量試験(菌液吸収法)、【除菌方法】Ag+低温触媒による菌の除去、【対象場所】フィルター、【試験結果】 99%以上の除菌効果を確認。試験結果は実使用空間の実証結果ではありません。
  • ※4Ag+低温触媒除菌・脱臭の働きにより、ニオイ分子を分解。全てのニオイがとれるわけではありません。当社調べ。
  • ※5【試験依頼先】(一財)ボーケン品質評価機構、【試験方法】JIS L 1902 定量試験(菌液吸収法)準拠、【抗菌の方法】抗菌脱臭フィルターによる菌の増殖の抑制、【対象部分】フィルター、【試験菌】1種、【試験結果】抗菌活性値2.0以上(99.0%以上の抗菌効果を確認)、【出典】(一財)ボーケン品質評価機構 報告書No.40120003245-1。
  • ※6冷蔵室冷気ダクト内に設置した抗菌脱臭フィルターにより脱臭。【試験方法】抗菌脱臭フィルターあり/なしの冷蔵庫内にアンモニアを注入し、一定時間毎に検知管で濃度を測定。周囲温度20℃、扉開閉なしの場合。【試験結果】30分でアンモニア濃度1/10以下の脱臭効果を確認。当社試験結果による。試験結果は、実使用空間の実証結果ではありません。また全てのニオイがとれるわけではありません。
  • ※7【試験依頼先】GUANGDONG DETECTION CENTER OF MICROBIOLOGY、【試験方法】フィルム密着法(JIS Z 2801)、【抗菌方法】扉ハンドルに塗装した成分による菌の増殖の抑制、【対象場所】野菜室・製氷室・上段冷凍室・下段冷凍室の引き出し扉ハンドル、【試験結果】99%以上の抗菌効果を確認。
  • ※8年間消費電力量は、家庭用品品質表示法により表示が義務付けられており、15年測定方法(JIS C 9801-3:2015)により測定したものです。
  • ※9製氷室と冷凍室上段を「冷凍(ツースター)」で測定した場合の値です。
  • ※10【試験依頼先】(一財)北里環境科学センター、 【試験方法】410L試験ボックス内に菌を噴霧。Ag+マルチバイオ脱臭運転時の浮遊菌数の変化を測定、【試験結果】140分で99%以上の除菌効果を確認。試験結果は実使用空間の実証結果ではありません。【報告書番号】北生発2022-0228号。
  •   
  • ※11【試験方法】Ag+マルチバイオを設置した250L密閉容器内にトリメチルアミンを注入し、60分後に検知管にて成分濃度を測定、【対象場所】冷蔵室・野菜室、【試験結果】初期成分ガス濃度:128ppm、60分経過後の残存ガス濃度:27ppm。当社調べ。試験結果は実使用空間の実証結果ではありません。また全てのニオイがとれるわけではありません。

商品サポート

タイセツを、カタチに。
東芝ライフスタイル Official SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube