1. トップ
  2. 電子レンジ/オーブンレンジ
  3. 石窯ドームオリジナルレシピ

石窯ドーム
オリジナルレシピ

Facebookでシェア

栗のミニタルト

タルトレット型にシュクレ生地とアーモンドクリームを詰めて焼き上げ、栗の渋皮煮と生クリーム、マロンクリームをしぼって仕上げます。栗をふんだんに使ったリッチなケーキです。

調理時間の目安
25分
石窯ドームならではの機能
未分類
食材
その他果物類 卵 生クリーム バター ケーキ すべてのスイーツ 

材料直径5.5cm金属製のタルトレット型 6個分

A:シュクレ生地

バター(食塩不使用)50g
少々
バニラエッセンス適量
粉糖50g
溶き卵20g
アーモンドパウダー30g
薄力粉70g

打ち粉(強力粉)適量

B:アーモンドクリーム

バター(食塩不使用)30g
グラニュー糖30g
溶き卵30g
アーモンドパウダー30g
ラム酒小さじ1

生クリーム80g

C:マロンクリーム

マロンペースト180g
バター(食塩不使用)30g
ラム酒小さじ2
生クリーム20g

飾り

カシューナッツ20g
粉糖(溶けにくいタイプ)適量
栗の渋皮煮9個
ナパージュ適量
金箔適量

下準備

  • Aのバター・溶き卵、B、Cの材料は室温に戻しておく。
  • Aの塩・バニラエッセンス・粉糖・アーモンドパウダー・薄力粉は冷やしておく。
  • カシューナッツは角皿にのせ下段に入れ、ローストする[オーブン(予熱なし)180℃ 約8分]。粗めにきざんでおく。

作りかた

  1. シュクレ生地をつくる

    ボウルにバター(50g)を入れてハンドミキサーでクリーム状にし、塩・バニラエッセンス・粉糖を加え混ぜ、溶き卵(20g)を少しずつ加えて混ぜる。
    アーモンドパウダー(30g)・薄力粉をふるい入れて切り混ぜ、まとまったらボウルの側面にこすりつけるようにし、生地のムラを取る。

  2. ラップに包んで空気抜きをし、厚みをととのえ、休ませる(冷凍10分。その後冷蔵に移して10分~)。

  3. アーモンドクリームをつくる

    別のボウルにバター(30g)を入れてハンドミキサーでクリーム状にし、グラニュー糖を加えて混ぜる。
    溶き卵(30g)を3~4回に分けて加え、その都度混ぜる。
    アーモンドパウダー(30g)を加え混ぜ、ラム酒(小さじ1)を加えて均一になるまで混ぜる。

  4. 台に打ち粉をして②をのせ、直径9~10㎝の丸型(なければ器などでも代用可)で4個抜ける大きさ(厚さ2~3mm)にのばし、両面の打ち粉をはけではらう。

  5. 直径9~10㎝の丸型で4枚抜き、それぞれ型に敷き込む。残った生地をまとめて生地をのばしてあと2枚抜き、残り2つの型に敷き込む。側面の厚みをととのえ、型からはみ出た生地はスケッパーで切り落とす。

  6. 底部分にフォークで数か所穴をあけ、③を分け入れて空気抜きをする。

  7. 角皿だけを下段に入れて予熱する[オーブン(予熱あり)180℃]。
    予熱終了後、ミトンをはめて角皿を取り出し、⑥を並べる。
    下段に入れて加熱する[180℃ 23~27分]。

  8. 焼きあがったら型からはずし、網などにのせて粗熱を取る。

  9. ボウルに生クリーム(80g)を入れ、9分立てにし、口金をつけていないしぼり袋に入れ、⑧の中央に少量しぼる。
    栗の渋皮煮を1個ずつのせ、栗の渋皮煮を覆うように残りの生クリームをしぼり、カトラリーナイフで形をととのえ、冷蔵庫で冷やす。

  10. マロンクリームをつくる

    ボウルにマロンペーストを入れてゴムべらでほぐし、バター(30g)を加えて混ぜる。
    ラム酒(小さじ2)・生クリーム(20g)を少しずつ加えて混ぜ、口金(片目波)をつけたしぼり袋に入れる。

  11. ⑧の生クリーム部分を覆うように、下から斜め上に向かってしぼる。
    ※前にしぼったクリームに1/3位かさねるようにしてしぼる。

  12. 仕上げ

    タルトのふちにきざんだカシューナッツをつけ、ふち周囲に粉糖(溶けにくいタイプ)を茶こしでふるう。
    残りの栗の渋皮煮を半分に切り、ナパージュをつけて中央にのせ、金箔を飾る。

POINT

  • マロンクリームは手の熱で溶けてしぼりにくくなることがあるので、半分ずつしぼり袋に入れてしぼるとよいでしょう。
  • • 調理時間の目安には、下ごしらえなどの時間は含みません。
  • • 掲載されている調理時間・温度は一応の目安ですので、様子を見ながら行ってください。
  • • また、掲載している料理写真と実物の仕上がりが異なる場合があります。
  • • 機種により、仕様や操作が異なりますので、詳しくは、取扱説明書をご覧ください。