生産終了品

東芝石窯ドームのプレミアムモデル

過熱水蒸気オーブンレンジ

ER-VD7000

ER-VD7000
ER-VD7000
  • 総庫内容量※1:30L
  • レンジ最高出力:1000W※2
  • 自動メニュー:493※3
  • 薄型コンパクト
  • IoLIFE TOSHIBA※4
  • 石窯ドーム ISHIGAMA DOME
省エネマーク
目標年度
2008年度
省エネ基準達成率
102%
年間消費電力量
72.0kWh/年
ER-VD7000
ER-VD7000
ER-VD7000
ER-VD7000

おすすめ機能

「石窯おまかせ焼き」で、本格オーブン料理もかんたんフルオート※6

業界最高*「350℃※5贅沢火力」ならではのおいしさを。

*2021年6月1日現在、国内家庭用100Vオーブンレンジにおいて。

業界最高350℃の熱風2段オーブン

「ねらって赤外線センサー」できめ細かく検知し、適温にあたため。

1024ポイント赤外線センサー/温度センサー

〈自動あたため(ごはん・おかず)において〉

1024ポイント赤外線センサー/温度センサー
  • ※1総庫内容量とは、JISの規定に基づいて算出された容量です。
  • ※2定格高周波出力1000Wは短時間高出力機能(最大5分)であり、定格連続高周波出力は600Wです。600Wへは自動的に切り換わります。
  • ※3取扱説明書および料理集の自動調理可能なメニュー数(自動あたためを含み、お手入れを除く)。
  • ※4無線LAN接続(IoT機能)&「IoLIFE」アプリとの連携。
  • ※5350℃での運転時間は約5分です。その後は自動的に230℃に切り換わります。温度を260℃以上に設定したときも自動的に230℃に切り換わります。過熱水蒸気・ハイブリッドで設定できる温度は300℃までです。また、設定温度が350℃のときは予熱温度は300℃になります。350℃は一般社団法人日本電機工業会(JEMA)「表示に関する自主基準(平成19年6月19日制定)」に準ずる。
  • ※6食材を選択すれば、温度設定、時間設定が不要で、分量フリーの自動調理(ブロック肉もしくは骨つき肉を使う場合はチェックボックスを選択してください)。食材の分量は200g~1kgまで調理できます。食材の大きさやばらつきによって仕上がりが異なる場合があります。
  • ※7ER-VD7000 61.63×109.65mm(5.0インチサイズ)。
  • 商品画像の点灯部はイメージです。
  • 温度は庫内が空の状態で中心部を熱電温度計法により測定しています(JISの測定方法による)。庫内に食品や付属品を入れて温度を測定すると、温度が合わないことがあります(料理を作る場合は、料理集の温度を目安にしてください)。
  • アース棒を同梱しておりません。アース棒が必要な場合は、販売店にご相談ください。
  • オープン価格の商品は希望小売価格を定めておりません。

関連商品

New
過熱水蒸気オーブンレンジ
ER-XD7000
New
過熱水蒸気オーブンレンジ
ER-XD5000
New
過熱水蒸気オーブンレンジ
ER-XD3000
New
過熱水蒸気オーブンレンジ
ER-XD100

商品サポート

タイセツを、カタチに。
東芝ライフスタイル Official SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube