オーブンレンジ

できること

外出先からも
スマホでレシピ検索

食材・機能や、気になる栄養成分からレシピを
検索することができます。

スマホから
かんたん設定

アプリにあるレシピの加熱情報を本体に送信でき、
設定が簡単にできます。

栄養バランスサポート

全23種類の栄養バランスをグラフでさっと確認。
不足している栄養成分を補うおすすめレシピをご提案します。

IoLIFEアプリと
スマートスピーカーの連携で
音声設定

手動のレンジ・オーブンなどの設定が音声操作で設定できます。
調理中、手がふさがっているときにも便利です。

オーブンの動作状況を
スマホにお知らせ

オーブンの予熱終了や、加熱終了など、
スマートフォンにお知らせします。

充実のサポートサービス

オーブンレンジに関するよくある質問を調べたり、
エラー発生時に、プッシュ通知を受け取ることができます。
通知を受けた後は、修理依頼を行うことができます。

※保証の状況などにより、できない場合もあります。

対応機種

オーブンレンジ
ER-WD7000(K)(W)

2021年6月発売

オーブンレンジ
ER-VD7000(K)(W)

接続方法

3STEPでつながる
loLIFE設定方法(オーブンレンジ編)

STEP1 アプリをインストールしてユーザー登録 STEP2 アプリにオーブンレンジの情報を登録 STEP3 オーブンレンジをインターネットに接続

インターネット環境をチェック

スマートフォンのほか、無線LANルーターなどのインターネット回線が必要です。

<必要なアイテム>スマートフォン※ 無線LANルーター インターネット回線

※Android5.0以降のスマートフォン、iOS8.0以降のiPhoneに対応しています。(2020年12月現在)
・全てのスマートフォンの動作を保証するものではありません
・タブレットは動作保証外です
※接続にあたってはスマートフォンを無線LANルーターの2.4GHz帯(IEEE802.11b、IEEE802.11g、IEEE802.11n)に接続する必要があります
※モバイルルーターには対応していません。(動作保証していません。)

STEP1 アプリをインストールしてユーザー登録しよう

  • 1「IoLIFEアプリ」をインストールして起動
  • 2「IoLIFEアプリ」を起動して「新規登録」をタップ
  • 3「メールアドレス」を入力し「次へ」をタップ
  • 4ご登録されたアドレスに、IoLIFE事務局(info@iolife.toshiba-lifestyle.com)から「確認コード」の記載されたメールが届きます。

    メールが届かない場合は「こんなときには(FAQ)ユーザー登録にて確認メールが届かない」の項目を参照してください。

    このメールに記載された「確認コード」を入力し「次へ」をタップ

  • 5「パスワード」を設定し「新規登録」をタップ

    パスワードは、8文字以上の英数字、記号(!、#、$、%、^、_、+、-、*)で英、数、記号の2つ以上を組み合わせて設定してください。

  • ユーザー登録完了

STEP2 アプリにオーブンレンジの情報を登録しよう

  • 1スマートフォンを2.4GHzの無線LANルーターに接続してください。

    オーブンレンジを接続する無線LANルーターに接続してください。すでに接続されている場合は、必要ありません。

    〇2.4GHz ×5GHz

    ルーターによっては2.4GHz、5GHzの2つの帯域がある場合があります。
    ここでは2.4GHzに接続してください。5GHzに接続するとIoLIFE家電が接続できません。
    詳しくは、「こんなときは(FAQ)無線LANルーターへの接続方法を教えてください」をご覧ください。

  • 2IoLIFEアプリを開いて「+」をタップ

    ログインしていない場合はログインしてください。

  • 3「オーブンレンジ」をタップ

    「IoLIFEに写真と動画の撮影を許可しますか?」や「"IoLIFE"がカメラへのアクセスを求めています」などのメッセージが出たら、必ず「許可」や「OK」をタッチしてください。

  • 4登録家電情報を入力

    オーブンレンジ本体上面にあるQRコードをスキャンすると、自動的に入力されます。

    1.「家電のQRコードをスキャンしてください。形名と製造番号が入力されます。」をタップ

    2.起動したカメラでQRコードをスキャン
    →「形名」と「製造番号」が表示されるので、
    「保存」や「OK」を押すと自動で入力されます。

    QRコードはオーブンレンジの本体上面にあります。
    IoLIFE登録用のQRコードを読み取ってください。

    3.「設置場所」と「名称」を入力し
    「次へ」をタップ

    入力した「設置場所」と「名称」は、アプリ画面に表示されます。
    複数のオーブンレンジをアプリで使用する場合は、
    判別しやすい「設置場所」と「名称」にしてください。

STEP3 オーブンレンジをインターネットに接続しよう

「簡単接続」「手動接続」のいずれかの方法でオーブンレンジをインターネットに接続してください。

無線LANルーターに、「WPS」「らくらくスタート」「AOSS」といった「簡単接続用のボタン」と「接続状態を表示するランプなどの手段」があるかどうか確認してください。(詳しくは、無線LANルーターの取扱説明書をご覧ください。)

「WPS」「らくらくスタート」「AOSS」などのボタン、接続状態を表示するランプなどの状態を確認する手段の例

①「WPS」「らくらくスタート」「AOSS」などのボタン
②接続状態を表示するランプなどの状態を確認する手段があることを確認してください。

ある場合は簡単接続で無線LAN接続をおこなうことが可能です。
ない場合、もしくはわからない場合は、手動接続で無線LAN接続をおこなってください。

簡単接続

無線LANルーター、オーブンレンジのボタンを押すだけで接続したい方はこちらから

1.スマートフォンが無線LANルーターの2.4GHz帯に接続されていることを確認する。
※接続されていない場合はSTEP2の①に従って接続してください。

2.「簡単接続」をタップ

3.無線LANルーターにある「WPS」「らくらくスタート」「AOSS」などのボタンを接続用ランプが変化するまで長押しして接続できる状態にしたら、アプリ画面の「次へ」をタップ

手順3→4は2分以内に行ってください。
WPS

ボタンや接続確認用ランプの名称・場所、及びボタンの操作方法はメーカーによって異なります。詳しくは無線LANルーターの取扱説明書をご覧ください。

「らくらくスタート」や「AOSS」などの名称の場合もあります。

4.レンジ本体画面の右上「」を押し「設定」画面から、「無線LAN接続」を選択し、無線LAN接続をオンにし、「簡単接続設定」を開始する。製品本体の画面はお使いの機種によって異なります。

「設定する」を押し、接続方法の選択に進みます。

「簡単接続設定」を選択してください。

「はい」を選択してください。

製品本体画面が簡単接続設定中です・・・になります。

「無線LAN接続が完了しました。」で「完了」をタップ

アプリ画面を下までスクロールして「次へ」をタップ

5.「オーブンレンジ+4ケタの数字」が表示されたらタップし、[接続できました]の画面になったら「次へ」をタップ

うまくいかない場合は、「よくあるご質問[アプリ]簡単接続ができない」をご覧ください。

6.「ユーザー情報(任意)」を入力し、「次へ」をタップすると、登録したオーブンレンジのアイコンが表示されます。

オーブンレンジ接続完了
手動接続

無線LANルーター及びオーブンレンジのSSID(ネットワーク名)、パスワードを直接指定して接続したい方はこちらから

1.スマートフォンが無線LANルーターの2.4GHz帯に接続されていることを確認する。
※接続されていない場合はSTEP2の①に従って接続してください。

2.「手動接続」をタップ

「手動設定」をタップすると、レンジ本体画面での操作説明が表示されます。

3.レンジ本体画面の右上「」を押し「設定」画面から、「無線LAN接続」を選択し、無線LAN接続をオンにし、「手動接続設定」を開始する。製品本体の画面はお使いの機種によって異なります。

「設定する」を押し、接続方法の選択に進みます。

「手動接続設定」を選択してください。

「はい」を押すと手動接続を開始します。

オーブンレンジの画面が「手動接続設定中です…」になったら、アプリ画面を一番下までスクロールして「次へ」をタップしてください。
「“IoLIFE”に位置情報の利用を許可しますか?」と表示された場合は、許可をして進んでください。

4.無線LANルーターの「パスワード(暗号化キー)」を入力し「次へ」をタップ

STEP2①で接続した無線LANルーターであることをご確認ください。
無線LANルーターの接続にあたっては2.4GHz帯を使用してください。

5.「オーブンレンジに接続」をタップ

アプリ画面からスマートフォンの設定画面に自動的に移動します。

6.スマートフォンの「Wi-Fi」を開いて「Toshiba_bf_XXXX」をタップ

6、7の手順は、IoLIFEアプリではなくスマートフォン本体のWi-Fi設定での操作となります。

SSID:Toshiba_bf_XXXX
(「XXXXは機器固有の番号」)
パスワード:12345678
(共通の初期パスワードです)

※Androidスマートフォンでは、自動的に「Toshiba_bf_XXXX」を検出しこの手順は省略され接続開始される場合があります。

7.パスワード欄に「12345678」を入力し、「接続」をタップ

パスワードを入力し、「接続」をタップしたら、
IoLIFEアプリを再び開いてください。

8.IoLIFEアプリに戻り、「次へ」をタップ

うまくいかない場合は、「よくあるご質問[アプリ]手動接続ができない」をご覧ください。

9.「ユーザー情報(任意)」を入力し、「次へ」をタップすると、登録したオーブンレンジのアイコンが表示されます。

オーブンレンジ接続完了

二人以上で、IoLIFEアプリサービスをご利用したい場合は

最初にオーブンレンジを登録したスマートフォンから「家電の共有」を行うことで、
ほかのユーザーと同じオーブンレンジを操作できるようになります。
詳しくは、「こんなときは(FAQ)二人以上で同じ登録家電に接続したい(操作したい)」をご覧ください。

アプリ画面の見方

アプリを起動し、をタッチすると、表示されます。

ひとつ前の画面に戻ります。 アプリメニューがポップアップ表示されます。 栄養成分を選択して検索できます。 食材・機能から検索できます。 TOPレシピ 定期的におすすめレシピが更新されます。 特集レシピ 季節やイベントなどテーマごとのレシピを紹介します。 通常レシピ スクロールするとレシピ一覧を見ることができます。 お気に入り追加マーク ハートをタップするとお気に入りレシピに登録できます。 レシピ画面 栄養バランスを見る 1食あたりの摂取目安に対する割合を棒グラフで表示します。 「i」アイコンをタップすると栄養成分の表示についての説明が表示されます。 不足している栄養成分3つを補うレシピをご紹介しています。

レシピの加熱情報をオーブンレンジに送信する

①レシピ画面下部の[送信]をタップする
②ポップアップ表示されたらOKをタップする
③オーブンレンジにレシピの加熱情報が表示されます(※) 次の場合は送信を受けつけてません。本体やネットワーク環境を確認してください。 ・本体を使用中、設定中 ・本体庫内が高温 ・通信状態が悪いなど

※ 画像は表示の一例です。表示画面は変更になることがあります。
※ メニューによって、自動メニューが表示されるものと手動設定が表示されるものがあります。

PDFのダウンロード

アプリ活用ガイド・接続方法をPDFでご覧になりたい方は、こちらからダウンロードできます。

オーブンレンジアプリ活用ガイド

ページ数:12ページ
PDFファイル(2.58MB)PDF

注意事項など

1. 無線LAN仕様

  • 規格:IEEE802.11b/g/n
  • 周波数:2.4GHz 帯
  • 暗号化方式:WPA™ / WPA2™
  • WPS バージョン:Version 2.0

2. 無線LAN使用上のお願い

  • 使用周波数帯
    無線LANは2.4 GHz帯の周波数帯を使用しますが、他の無線機器も同じ周波数を使っていることがあります。他の無線機器との電波干渉を防止するため、下記事項に留意してご使用ください。
  • 本製品が使用している無線の仕様
      2.4 DS/OF 4 変調方式がDSSSとOFDM 2.4GHz帯を使用 電波与干渉距離40m以下
    2.4GHz~2.4835GHzの全帯域を使用し、かつ移動体識別装置の帯域を回避可能であることを意味する
  • 無線LAN機器使用上の注意事項
    この機器の使用周波数帯域では、電子レンジなどの産業・科学・医療機器のほか、工場の製造ラインなどで使用される移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)および特定小電力無線局(免許を要しない無線局)、ならびにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。
    1.この機器を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局および特定小電力無線局ならびにアマチュア無線局が運用されていないことを確認してください。
    2.万一、この機器から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、すみやかに場所を変更するか、または電波の使用を停止してください。
  • 機器認定
    本器は、電波法に基づく工事設計認証を受けた無線設備を内蔵していますので、無線局の免許は不要です。ただし、以下の行為を行うことは、電波法で禁止されています。
    ・分解/改造する。
    ・内蔵無線設備の適合表示を消す。
  • 使用期限
    使用に当たり、以下の制限がありますので、あらかじめご了承ください。制限をお守りいただけなかった場合、および無線LANの使用または使用不能から生じる付随的な損害などについては、当社は一切の責任を負いかねます。
    日本国内でのみ使用できます。
    利用権限のない無線ネットワークには接続しないでください。
    無線ネットワーク環境の自動検索時に利用する権限のない無線ネットワーク(SSID※)が表示されることがありますが、接続すると不正アクセスと見なされるおそれがあります。
    本製品をインターネットに接続する場合は、必ずルーターを経由して接続してください。
    本製品は電気通信事業者(移動通信会社、固定通信会社、インターネットプロバイダ等)の通信回線(公衆無線LAN を含む)に直接接続することができません。
    磁場、静電気、電波障害が発生するところで使用しないでください。次の機器の付近などで使用すると、通信が途切れたり、速度が遅くなることがあります。
    ・電子レンジ
    ・他の無線LAN機器
    ・その他2.4GHz帯の電波を使用する機器(デジタルコードレス電話機、ワイヤレスオーディオ機器、ゲーム機、パソコン周辺機器など)
    ・電波が反射しやすい金属物など
    ※無線LANで特定のネットワークを識別するための名前のことです。このSSIDが双方の機器で一致した場合、通信可能になります。
    【本機のSSIDについて】
    ・SSID:Toshiba_bf_xxxx
    ・パスワード:12345678
    ※「xxxx」は機器固有の番号です。
  • セキュリティ対策
    無線LANで電波を使ってデータを送受信するため不正なアクセスを受けるおそれがあります。データの安全を確保するため、セキュリティ対策を行ってください。
    【お願い】
    ・セキュリティ対策のため、必ず、暗号化方式WPA2 またはWPA(いずれもTKIP またはAES)に対応した機器をお使いください。推奨:WPA2(AES)
    ・無線LAN ルーターの設定については取扱説明書をご覧ください。
    セキュリティ対策を実施せず問題が発生した場合、当社は一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
    無線LANルーターのパスワードは、8文字以上、63文字以下に設定し、定期的に変更することをおすすめします。
  • ファームウェアについて
    ・本機は、インターネットを通じて当社のファームウェアアップデートサーバーに接続し、自身のファームウェアを自動で最新版に更新する機能を持っています。更新中は無線通信が一時中断されるため通信が途切れたり、速度が遅くなることがあります。
    ・ファームウェアの解析、改造は行わないでください。

3. 安全上のご注意

表示の説明

警告

「死亡または重傷を負う可能性がある内容」を示します。
「死亡または重傷を負う可能性がある内容」を示します。

*重傷とは、失明やけが、やけど(高温・低温)、感電、骨折、中毒などで、後遺症が残るものおよび治療に入院・長期の通院を要するものをさします。

図記号の説明

中の絵と近くの文で、してはいけないこと(禁止)を示します。


中の絵と近くの文で、しなければならないこと(指示)を示します。

警告

埋め込み型の心臓ペースメーカーおよび除細動器を装着されている人から15cm 以上離す

無線LAN からの電波がペースメーカーなどに悪影響を与え、事故の原因になります。


自動ドア、火災報知機などの自動制御機器の近くでは使用しない
病院内や医療用電気機器のある場所では使用しない

無線LAN からの電波が機器に悪影響を与え、事故の原因になります。

4. 商標について

  • Android および Google Play は Google LLC の商標または登録商標です。
  • iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
    iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
  • “WPA™”、“WPA2™”、“Wi-Fi”は“Wi-Fi Alliance®”の商標または登録商標です。
  • AOSS は株式会社バッファローの登録商標です。
  • QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。
  • 本文中では、™、®マークは一部記載していません。
  • その他、本書に記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。

別窓で開きますマークのついたリンクは別ウィンドウで表示します。

タイセツを、カタチに。
東芝ライフスタイル Official SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube