洗濯機の選び方
搬入経路、設置場所をチェック

① 搬入経路をチェック

エレベーター・玄関ドア・廊下・搬入経路の寸法や、その他障害物を確認してください。
洗濯機本体の手掛け部を含めた幅が必要です。

  • エレベーターの寸法

  • 玄関ドアの寸法

    ドアノブなどの出っ張りにもご注意ください。

  • 廊下の寸法

    ドアを通れても、洗面台が当たる場合があります。ご注意ください。

  • 階段の寸法

    手すりなどの出っ張りにもご注意ください。

  • その他障害物を確認

    らせん階段など、特殊な住居構造は搬入できない場合があります。事前の確認をおすすめします。

② 据付説明書をチェック

対象機種の据付説明書をご確認いただき、設置場所や排水口周り、水栓の形状をチェックしてください。

  • 本体は、前方と上方を50cm以上開放して、背面や左右の壁からは下表の値以上に離してください。
    壁面とのすき間が狭いと、壁との接触による異常音の原因になります。
  • 排水ホースを通す側の側面は、10cm以上離してください。
    異常な振動や音の原因になります。

AW-12VP2/AW-10VP2の場合

左右壁との距離5cm以上
排水ホース側は10cm以上
後側の壁との距離1cm以上
水栓の蛇口下端と本体上面との距離5cm以上
前方・上方の開放距離50cm以上

AW-8VM2/AW-12DP2/AW-10DP2/AW-9DH2/8DH2の場合

左右壁との距離5cm以上
排水ホース側は10cm以上
後側の壁との距離2cm以上
水栓の蛇口下端と本体上面との距離5cm以上
前方・上方の開放距離50cm以上

AW-7DH2/AW-6DH2/AW-10GM3/AW-7GM2/AW-6GA2/AW-5GA2/AW-45GA2の場合

左右壁との距離5cm以上
排水ホース側は10cm以上
後側の壁との距離5cm以上
水栓の蛇口下端と本体上面との距離5cm以上
前方・上方の開放距離50cm以上

洗濯乾燥機を据え付けるとき

  • 窓や換気扇のない場所は避けてください。
    乾燥時、壁や床が結露するおそれがあります。
  • 洗濯乾燥機の据付時の周囲寸法
    建築の可燃物などからの離隔距離は、表の値以上の距離を保ってください。

消防法基準適合組込形

場所可燃物からの離隔距離
上方50cm
左方5cm
右方5cm
後方2cm
下方0cm
この洗濯乾燥機は[消防法設置基準]に基づく試験基準に適合しています。
排水ホース側は10cm以上

③ 防水パンの寸法・排水口の位置もチェック

防水パンの内寸を確認してください。必要な大きさは機種によって異なりますので詳しくは据付説明書をご確認ください。

排水口の位置を確認してください。位置によっては別売の部品が必要になる場合がありますので詳しくは据付説明書をご確認ください。

A本体の後ろ
B本体の左側
C本体の右側
D本体の真下

④ 洗濯機本体のサイズをチェック

ふたを開けた時の高さもチェックしましょう。

配送・設置調整費などについては、詳しくはご販売店にご相談ください。

商品サポート

タイセツを、カタチに。
東芝ライフスタイル Official SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube