家電コントロール
冷蔵庫編

「IoLIFE」アプリと家電を接続することで、庫内の状態が分かったり、設定を簡単に変更することができます。
また扉開閉回数や庫内温度をグラフ化してみることができます。

できること

冷蔵庫の状況がひと目でわかる

各種運転状況や給水タンクの水切れなどの
状態をスマートフォンで確認できます。

冷蔵庫の設定を簡単に

離れた場所から温度調節などの
設定を変更できます。

かってにエコ

ご家庭ごとにピッタリな省エネ運転を実現。
冷蔵庫をWi-Fiにつなぐだけで、AI*が使用パターンを学習し、最適な節電プランで運転します。

*
冷蔵庫の過去の使用状況から生活パターンを学習し、今後の使い方を予測して最適な運転を行う技術を「AI」と定義しています。
本機能は2022年以降発売のFZシリーズ、GZシリーズが対応しています。

みまもり機能

設定した時間帯に扉が開くとお知らせします。
扉の開閉がないときもお知らせできます。
冷蔵庫の周辺温度が30℃と35℃を超えるとお知らせします。

充実のサポートサービス

冷蔵庫に関する質問や情報を調べたり、エラー発生時に、プッシュ通知を受け取ることができます。
通知を受けた後は、修理依頼を行うことができます。

※保証の状況などにより、できない場合もあります。

食材管理について

レシピについて

対応機種

冷蔵庫
GR-U600FZS
GR-U510FZS

2022年6月発売

冷蔵庫
GR-U550FZ
GR-U510FZ
GR-U460FZ

2022年3月発売

冷蔵庫
GR-U500GZ
GR-U470GZ

2022年3月発売

過去機種

機種名発売時期
GR-T600FZ、GR-T550FZ、
GR-T510FZ、GR-T460FZ
2021年4月発売
GR-T500GZ、GR-T470GZ2021年4月発売
GR-S600FZ、GR-S550FZ、
GR-S510FZ、GR-S460FZ
2020年5月発売
GR-S500GZ、GR-S470GZ2020年4月発売
GR-R600FZ、GR-R550FZ、
GR-R510FZ、GR-R460FZ
2019年3月発売
GR-P600FWA2018年9月発売

アプリ画面の見方

アプリ画面の見方

冷蔵庫の温度調節を行います。(※1) 野菜室の除菌機能を設定します。 給水タンクの水がないときに表示します。 一気製氷、製氷オフを設定します。 みまもり機能のオン/オフなどを設定します。 食材管理にリンクします。 チルドルームの運転を設定します。 一気冷凍、野菜冷凍、野菜冷凍ドライを設定します。 冷凍室の温度調節を行います。(※1) 節電に関する各種の設定を行います。(※2) 扉開閉履歴(扉の開閉回数)を見ることができます。 買い物リストにリンクします。
  • ※1:設定後、冷蔵庫のコントロールパネルの表示は、約10秒間、「温度調節位置」表示とタッチパネル(操作部)が点灯となります。
  • ※2:設定後、冷蔵庫のコントロールパネルの表示は次の通りです。
自動節電「自動節電」表示が点灯
※冷蔵室・野菜室・製氷室・下段冷凍室のすべての扉の開閉が24時間以上ない場合は点滅に変わります。(野菜室はTタイプのみ対応)
おでかけ節電「自動節電」表示が点滅、タッチパネル(操作部)が点灯し、タッチパネル(操作部)のみ、約10秒後に消灯します。
おでかけ「自動節電」表示が点滅、タッチパネル(操作部)が点灯し、どちらも、約10秒後に消灯します。

アプリ活用ガイドPDF

アプリ活用ガイド・接続方法をPDFでご覧になりたい方は、こちらからダウンロードできます。

冷蔵庫アプリの使い方
(取扱説明書の抜粋)

フレンチタイプ(両開きタイプ)
ページ数:5ページ
PDFファイル(645KB)PDF

片開きタイプ
ページ数:5ページ
PDFファイル(635KB)PDF

注意事項など

1. 無線LAN仕様

  • 規格:IEEE802.11b/g/n
  • 周波数:2.4GHz 帯
  • 暗号化方式:WPA™ / WPA2™
  • WPS バージョン:Version 2.0

2. 無線LAN使用上のお願い

  • 使用周波数帯
    無線LANは2.4 GHz帯の周波数帯を使用しますが、他の無線機器も同じ周波数を使っていることがあります。他の無線機器との電波干渉を防止するため、下記事項に留意してご使用ください。
  • 本製品が使用している無線の仕様
      2.4 DS/OF 4 変調方式がDSSSとOFDM 2.4GHz帯を使用 電波与干渉距離40m以下
    2.4GHz~2.4835GHzの全帯域を使用し、かつ移動体識別装置の帯域を回避可能であることを意味する
  • 無線LAN機器使用上の注意事項
    この機器の使用周波数帯域では、電子レンジなどの産業・科学・医療機器のほか、工場の製造ラインなどで使用される移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)および特定小電力無線局(免許を要しない無線局)、ならびにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。
    1.この機器を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局および特定小電力無線局ならびにアマチュア無線局が運用されていないことを確認してください。
    2.万一、この機器から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、すみやかに場所を変更するか、または電波の使用を停止してください。
  • 機器認定
    本器は、電波法に基づく工事設計認証を受けた無線設備を内蔵していますので、無線局の免許は不要です。ただし、以下の行為を行うことは、電波法で禁止されています。
    ・分解/改造する。
    ・内蔵無線設備の適合表示を消す。
  • 使用制限
    使用に当たり、以下の制限がありますので、あらかじめご了承ください。制限をお守りいただけなかった場合、および無線LANの使用または使用不能から生じる付随的な損害などについては、当社は一切の責任を負いかねます。
    日本国内でのみ使用できます。
    利用権限のない無線ネットワークには接続しないでください。
    無線ネットワーク環境の自動検索時に利用する権限のない無線ネットワーク(SSID※)が表示されることがありますが、接続すると不正アクセスと見なされるおそれがあります。
    本製品をインターネットに接続する場合は、必ずルーターを経由して接続してください。
    本製品は電気通信事業者(移動通信会社、固定通信会社、インターネットプロバイダ等)の通信回線(公衆無線LAN を含む)に直接接続することができません。
    磁場、静電気、電波障害が発生するところで使用しないでください。次の機器の付近などで使用すると、通信が途切れたり、速度が遅くなることがあります。
    ・電子レンジ
    ・他の無線LAN機器
    ・その他2.4GHz帯の電波を使用する機器(デジタルコードレス電話機、ワイヤレスオーディオ機器、ゲーム機、パソコン周辺機器など)
    ・電波が反射しやすい金属物など
    ※無線LANで特定のネットワークを識別するための名前のことです。このSSIDが双方の機器で一致した場合、通信可能になります。
    【本機のSSIDについて】
    ・SSID:Toshiba_ca_xxxx
    ・パスワード:12345678
    ※「xxxx」は機器固有の番号です。
  • セキュリティ対策
    無線LANで電波を使ってデータを送受信するため不正なアクセスを受けるおそれがあります。データの安全を確保するため、セキュリティ対策を行ってください。
    【お願い】
    ・セキュリティ対策のため、必ず、暗号化方式WPA2 またはWPA(いずれもTKIP またはAES)に対応した機器をお使いください。推奨:WPA2(AES)
    ・無線LAN ルーターの設定については取扱説明書をご覧ください。
    セキュリティ対策を実施せず問題が発生した場合、当社は一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
    無線LANルーターのパスワードは、8文字以上、63文字以下に設定し、定期的に変更することをおすすめします。
  • ファームウェアについて
    ・本機は、インターネットを通じて当社のファームウェアアップデートサーバーに接続し、自身のファームウェアを自動で最新版に更新する機能を持っています。更新中は無線通信が一時中断されるため通信が途切れたり、速度が遅くなることがあります。
    ・ファームウェアの解析、改造は行わないでください。

3. 安全上のご注意

表示の説明

警告

「死亡または重傷を負う可能性がある内容」を示します。
「死亡または重傷を負う可能性がある内容」を示します。

*重傷とは、失明やけが、やけど(高温・低温)、感電、骨折、中毒などで、後遺症が残るものおよび治療に入院・長期の通院を要するものをさします。

図記号の説明

中の絵と近くの文で、してはいけないこと(禁止)を示します。


中の絵と近くの文で、しなければならないこと(指示)を示します。

警告

埋め込み型の心臓ペースメーカーおよび除細動器を装着されている人から15cm 以上離す

無線LAN からの電波がペースメーカーなどに悪影響を与え、事故の原因になります。


自動ドア、火災報知機などの自動制御機器の近くでは使用しない
病院内や医療用電気機器のある場所では使用しない

無線LAN からの電波が機器に悪影響を与え、事故の原因になります。

商標について

  • Android および Google Play は Google LLC の商標または登録商標です。
  • iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
  • WPA、WPA2、Wi-FiはWi-Fi Allianceの商標または登録商標です。
  • 本文中では、™、®マークは一部記載していません。
  • その他、本書に記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。
タイセツを、カタチに。
東芝ライフスタイル Official SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube