Amazon Alexa編

スマートスピーカーとつながる。(Amazon Alexa編)

家電の気になる運転状況などは、スマートスピーカーに聞けばすぐに応答。
その都度、サニタリールームやキッチンに行かなくてすみます。

IoLIFEスキルの
音声入力でできることのまとめ(発話例)

音声コマンドの入力方法(スキルの起動方法)

方法1

先にスキルを起動しておきます。
これにより、以降スキル名「アイオーライフ」の発話が不要となります。

※登録する家電がそれぞれ1台しかない場合は「場所」を省略することが可能です。

方法 2

発話のたび、スキル名「アイオーライフ」をつけて発話します。

※登録する家電がそれぞれ1台しかない場合は「場所」を省略することが可能です。

家電の「場所」は、IoLIFEアプリで家電を登録する際に設定した「場所」になります。
「場所」に設定する言葉によっては、Alexaで認識されない場合があります。以下の例を参考に、認識されやすい言葉を設定してください。
例、リビング、キッチン、サニタリー、客間、台所、寝室、ベッドルーム、書斎、子供部屋、風呂場、など

方法 3

エアコンでは、一部音声コマンドについてスキル名「アイオーライフ」を言わずに、操作することができます。
この方法に対応している音声コマンドについては、下のエアコンの一覧表の簡単な音声入力をご覧ください。

「アレクサ、リビングのエアコンをつけて」「リビングのエアコンをつけるんですね?」「はい」「リビングのエアコンをつけました」

※方法1もしくは方法2でエアコンが操作できるのに、方法3ではエアコンが見つからない場合
  スマートスピーカーに
     「アレクサ、デバイスを探して」
  と話しかけて、エアコンを検出してください。

エアコン

機能

通常の音声入力(上記方法1)

いろいろな操作を指示することができます。
事前にスキルを起動しておきます。「アレクサ、アイオーライフを開いて」

簡単な音声入力(上記方法3)

以下の操作は、毎度アイオーライフを言わずに指示することができます。

話しかけ方の例話しかけ方の例
運転
ON/OFF
運転もしくは停止することができます。
※運転時には、前回の運転モードで運転を行います。
リビングのエアコンをつけてアレクサ、リビングのエアコンをつけて
運転モード
変更
運転モードを変更することができます。リビングのエアコンを<暖房>にして
※<>には、冷房/暖房/除湿/ECO自動/空気清浄/快適/AI学習/送風、を指定することができます。
アレクサ、リビングのエアコンを<暖房>にして
※<>には、冷房/暖房/除湿、を指定することができます。
温度設定温度を設定することができます。リビングのエアコンを25度にしてアレクサ、リビングのエアコンを25度にして
今の温度よりも何度上げるか/下げるか指定することができます。リビングのエアコンを2度あげてアレクサ、リビングのエアコンを2度あげて
エアコンの温度を上げたり下げたりできます。リビングのエアコンの温度を上げてアレクサ、リビングのエアコンの温度を上げて
風量風量を設定することができます。リビングのエアコンの風量を<強>にして
※<>には、しずか/微風/弱/強/急速/パワフル、を指定することができます。
アレクサ、リビングのエアコンの風量を<強風>にして
※<>には、しずか/最低/微風/弱風/強風/急速/パワフル/最大、を指定することができます。
風向風向きを設定することができます。リビングのエアコンの風の向きを<上下スイング>にして
※<>には、上下左右スイング/左右スイング/上下スイング/下/上/右/左、を指定することができます。
タイマー予約運転または停止する時刻を指定することができます。リビングのエアコンを17時15分につけて
リビングのエアコンを7時30分に快適でつけて
リビングのエアコンを23時にけして
運転または停止するまでの時間を指定することができます。リビングのエアコンを1時間後につけて
空気清浄空気清浄をオン/オフすることができます。リビングのエアコンの空気清浄をとめて
おそうじおそうじを開始/終了することができます。
※エアコンが運転停止中のときのみ有効です。
リビングのエアコンのおそうじを開始して
リビングのエアコンのおそうじを終了して
無風感モード
(風ケアモード)
無風感モード(風ケアモード)をオン/オフすることができます。
※対応している運転モードのときのみ有効です。
リビングのエアコンの<無風感モード>をつけて
※<>には、無風感モード/風ケアモード、を指定することができます。
リビングのエアコンの<無風感モード>をとめて
※<>には、無風感モード/風ケアモード、を指定することができます。
急速冷暖急速冷房を指定することができます。
【急速冷房】
機能:部屋をすばやく冷やします。(設定温度23℃、風量自動、
上下左右スイングの設定で冷房運転します)
リビングのエアコンをはやく冷やして
急速暖房を指定することができます。
【急速暖房】
機能:部屋をすばやく暖めます。(設定温度26℃、風量自動、
上下左右スイングの設定で暖房運転します)
リビングのエアコンをはやく暖めて
状態確認エアコンの現在の状態を確認することができます。リビングのエアコンの運転状態を教えてアレクサ、リビングのエアコンの設定を教えて
アレクサ、リビングのエアコンの設定温度教えて

※お使いの機種により対応していない機能があります。

冷蔵庫

事前にスキルを起動しておきます。「アレクサ、アイオーライフを開いて」

機能話しかけ方の例
操作冷蔵庫の各種設定を行うことができます。キッチンの冷蔵庫を<野菜冷凍ドライ>にして
※<>には、野菜冷凍ドライ/野菜冷凍/一気冷凍/一気製氷/解凍モード/速鮮チルド、を指定することができます。
各種設定をオフすることができます。キッチンの冷蔵庫の<野菜冷凍ドライ>をオフして
※<>には、野菜冷凍ドライ/野菜冷凍/一気冷凍/一気製氷/解凍モード/速鮮チルド、を指定することができます。
各室の設定をオフする(通常モードに戻す)ことができます。キッチンの冷蔵庫の<チルドルーム>をオフして
※<>には、チルドルーム/上段冷凍室/製氷室、を指定することができます。
各種設定をまとめてオフする(通常モードに戻す)ことができます。キッチンの冷蔵庫の設定をオフして
状態確認冷蔵庫の運転状態を確認したり、製氷室の給水タンクの水量を確認することができます。キッチンの冷蔵庫の運転状態を教えて
キッチンの冷蔵庫のタンクの水は足りている?
食材管理食材をリストに登録したり、リストから削除することができます。食材管理ページ」をご覧ください。

洗濯機

事前にスキルを起動しておきます。「アレクサ、アイオーライフを開いて」

機能話しかけ方の例
状態確認洗濯機の稼働状態や、洗濯の終了予定時刻を確認することができます。サニタリーの洗濯機がいつ洗濯終わるか教えて
サニタリーの洗濯機の運転状態を教えて
サニタリーの洗濯機は動いている?
サニタリーの洗濯機は今何してる?

オーブンレンジ

事前にスキルを起動しておきます。「アレクサ、アイオーライフを開いて」

音声で手動の設定をオーブンレンジに送信することができます。
加熱を開始するにはオーブンレンジ本体での操作が必要です。

加熱方法機能話しかけ方の例
レンジワット数、時間を設定することができます。 600 ワット、1分 (レンジ 600 ワット、1分)
レンジを設定して
(ワット数、時間を聞いてきます)
スチームレンジ時間を設定することができます。スチームレンジ、5分
スチームレンジを設定して
(時間を聞いてきます)
オーブン予熱なし/予熱あり、温度、時間を設定することができます。オーブン 予熱あり 、200度で15分
オーブンを設定して
(予熱なし/予熱あり、温度、時間を聞いてきます)
過熱水蒸気予熱なし/予熱あり、温度、時間を設定することができます。過熱水蒸気 予熱あり 、200度で15分
過熱水蒸気を設定して
(予熱なし/予熱あり、温度と時間を聞いてきます)
グリル時間を設定することができます。グリル、15分
グリルを設定して
(時間を聞いてきます)
蒸し時間を設定することができます。蒸し、15分
蒸しを設定して
(時間を聞いてきます)
発酵温度、時間を設定することができます。発酵40度、30分
発酵を設定して
(温度、時間を聞いてきます)
スチーム発酵温度、時間を設定することができます。40度で30分、スチーム発酵して
スチーム発酵を設定して
(温度、時間を聞いてきます)

※スマートスピーカーがうまく認識できなかった場合は、聞き返す場合があります。
「加熱方法を教えてください」と質問された場合は、上記発話例左端の加熱方法(「レンジ」、「オーブン」など)を発話してください。
(加熱方法だけでなく、温度や時間、ワット数を聞いてくる場合もあります。)

※各加熱方法で設定できる温度や時間、ワット数は、取扱説明書をご覧ください。

※お使いの機種により対応していない機能があります。

その他

機能話しかけ方の例
使用方法の
確認
アイオーライフの使い方を聞くことができます。アレクサ、アイオーライフを開いて
使い方を教えて
スキルの
停止
アイオーライフスキルを停止しますアレクサ、ストップ

IoLIFEとスマートスピーカー
連携サービスとの接続まで

❶ まずは環境をチェックしよう

無線LANルーター

スマートスピーカーをインターネット回線に接続します。

※モバイルルーターには対応しておりません。

インターネット環境:常時接続のブロードバンド回線

・常時インターネットに接続でき、高速通信が可能な回線

※インターネット回線とプロバイダ契約が必要です。

※スマートスピーカーとの接続は2.4GHz帯(IEEE802.11b、IEEE802.11g、IEEE802.11n)を使用します。

※【お願い】セキュリティ対策のため、必ず、暗号化方式WPA2またはWPA(いずれもTKIPまたはAES)に対応した機器をお使いください。推奨:WPA2(AES)

※無線LANルーターの設定については無線LANルーターの取扱説明書をご覧ください。

スマートフォン(Android、iPhone)

・Android 5.0以降のスマートフォン、iOS 12.0以降のiPhoneに対応しています。
(2022年2月現在)

※全てのスマートフォンの動作を保証するものではありません。
※タブレットは動作保証外です。
※2019年9月にリリースしたバージョン(Ver1.3.0)より対応Android OS環境を「Android 5.0以上」に変更いたしました。
★2022年2月にリリースしたバージョン(Ver2.0.0)より対応iOS環境を「iOS 12.0以上」に変更いたしました。

対応機種

・「対応機種一覧」に記載されている製品をご準備ください。

スマートスピーカー

・Amazon EchoシリーズなどのAmazon Alexa搭載のデバイスに対応しています。

※全てのスマートスピーカーの動作を保証するものではありません

❷ IoLIFEとスマートスピーカーを接続しよう

手順1 : 家電、Amazon Alexaをそれぞれのサービスに登録する
手順2 : IoLIFEスキルの設定を行う
  • 1Amazon Alexa アプリでIoLIFEスキルを検索する
    ※パソコンでもスキルストアから探せます。
    ※以下の画面はAmazon Alexa アプリのアップデートにより変わることがあります。
    「スマートホーム」カテゴリーから選択。「IoLIFE」でキーワード検索。
  • 2IoLIFEスキルを有効化してIoLIFEと連携する
    「有効にして使用する」をタップ。「許可する」をタップ。
    IoLIFEに登録したメールアドレス、パスワードを入力後、「ログイン」ボタンを押す。アカウントリンクの結果が表示される。

    つづいて以下の手順でスマートホームデバイスを探します。

    ※ IoLIFEでは登録されているエアコン、洗濯機が検出されます。(エアコン、洗濯機以外の家電は検出されません。)
    ※ ここではエアコンは「サーモスタット」として登録されます。
    ※ 洗濯機は「洗剤・柔軟剤 自動再注文」の設定を行うことができます。

    ※1 「洗剤・柔軟剤 自動再注文」の詳しい設定についてはこちら

設定完了

AmazonがAmazon Alexaを通じて提供する消費財の再注文サービス

洗濯機の自動投入タンク内の残量とお手持ちの在庫が少なくなったら、自動で再注文することができます。

IoLIFEスキルでできること

液体洗剤・柔軟剤について、洗濯機の自動投入タンク内の残量とお手持ちの在庫が少なくなったら、自動で再注文することができます。

※本サービスはAmazonがAmazon Alexaを通じて提供する消費財の再注文サービスと連携します。ご利用には、Amazonアカウントが必要です。

対応機種・設定方法など

洗濯機

TW-127XP1L/R
2021年9月発売

自動再注文サービスをご利用する際にIoLIFEサービスから Amazon Alexaに送信する家電の情報は次のとおりです。

  • 液体洗剤・柔軟剤の使用量など

洗剤・柔軟剤 自動再注文の設定方法をみるPDF

商標について

  • Amazon、Echo、Alexa、Dashおよび関連するすべてのロゴはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  • Android および Google Play は Google LLC の商標または登録商標です。
  • iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
    iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
  • WPA、WPA2はWi-Fi Allianceの商標または登録商標です。
  • 本文中では、™、®マークは一部記載していません。
  • その他、本書に記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。
タイセツを、カタチに。
東芝ライフスタイル Official SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube